快捷搜索:  as

習主席、トランプ米大統領と電話会談

        
2019-12-23 10:14 | CRI

  習近平国家主席は20日、要請に応じて、米国のトランプ大年夜統領と電話会談を行いました。

  その中でトランプ大年夜統領は「米中貿易交渉が第1段階の合意に達したことは、米国と中国にとっても、全天下にとっても好ましいことだ。両国の市場も天下も、ポジティブな反応を見せている」と述べ、今後も中国と密接な意思疎通を保ち、早期調印と実施に努めていく米国側の姿勢を示しました。

  これに対して習主席は「中米両国は平等と互相尊重の精神に則り、貿易交渉の第1段階の合意に達した。国際環境が極めて複雑な中でのこの合意は、中国にも米国にも有益なもので、天下の平和と繁栄にとってもプラスになるだろう」と示しました。その上で、「現代の経済と技術によって天下が一体化する中、両国の利益もまた融け合っている。そのプロセスにおいて齟齬が生まれることは避けられない。しかし、双方が互恵関係と合营繁栄の実現に向けて、相手国の尊厳、主権、コア利益への尊重を貫きさえすれば、それらの問題はクリアできる。そうすれば、新たな歴史的背景を迎えても、両国の経済・貿易関係を推進し、両国と両国人夷易近に幸福をもたらせるだろう」と強調しました。

  その一方で習主席は、米国が近来、台湾、喷鼻港、新疆、チベットなどに関する問題においてネガティブな言動を行っていることについて「厳しく注視している」と指摘し、「そのような言動は中国の内政に干渉し、中国の利益を損ない、中米双方の互信托頼と協力に晦气益をもたらしている。両国関係と紧张な議事を順調に前へ進めるためにも、米国側には、これまで我々が数回にわたって行ってきた直接の会談と電話会談で合意に達した紧张な共通認識について真摯に实行し、中国が関心を寄せる問題を重視するよう望む」と示しました。

  これに対してトランプ大年夜統領は「各種の措施によって、習主席とはいつでも意思疎通が可能であるよう等候している。米中両国は齟齬に適切に対応することができ、両国関係の発展は順調に継続できるものと信じている」と伝えました。

  これを受けて習主席は、常に連絡を保つことに賛同し、「二国間関係や国際問題について意見交換を行い、協調、協力、安定化を踏まえた中米関係を合营で推し進めていきたい」としました。(朱 謙)

您可能还会对下面的文章感兴趣: